FC2ブログ

妊娠中のオススメ本

ここでは、「妊娠中のオススメ本」 に関する記事を紹介しています。



ただいま妊娠7ヶ月後半、明日から8ヶ月です。
お腹の赤ちゃんは既に耳がきこえ、光も感じることができるそうな。

この本を読んで以来、夫君は自ら進んで毎晩お腹の子に話しかけています。↓

胎児はみんな天才だ―最新の胎内教育 “子宮対話”の驚異胎児はみんな天才だ―最新の胎内教育 “子宮対話”の驚異
ジツコ スセディック (1986/12)
祥伝社
この商品の詳細を見る

時間のあるときは、私のお腹に向かって絵本を読んだりもしています。

実際これって、「本に書いてあるほどの効果はあるのかしらん?」
・・・と思わなくもないけれど、
父親の自覚を促しつつ、かつ夫婦のコミュニケーションとしても良いことだと思うので、
私も「今日は絵本読んであげて!」とお願いしたりします。

夫君ばかりでなく私自身も、
もっと積極的に話しかけなくてはと思うのだけれど、
1人でやってると単なる独り言のようで・・・なかなかテレくさくてできない・・・^^;
それに物言わぬお腹の赤ちゃんに一方的に話しかけるのは、
すぐに目に見える効果があるものじゃないので、慣れるまでは根気のいるもの。

そこで、「果たして私たちの話しかけを赤ちゃんは聞いているのか否か?」
ついこの間まで赤ちゃんだった幼児に聞いてみることにした。

で先週、兄夫婦の家に遊びに行った時、4歳になる姪っ子にインタビュー。

「ねぇミクちゃん、お母さんのお腹の中にいた時のこと、覚えてる?」

「おぼえてるよ!」(即答)

「わー!そうなんだ!お腹の中は、どんな感じだった?」

「あったかくてね、気持ちがよくてね、時々ヘンな音がするの。」

「パパやママの声も、きこえた?」

「うん、きこえたよ。」

「なんて言ってたか、覚えてる?」

「うーん。なんかね、『ぼわん~ぼわん~』って感じで、はっきりとは聞き取れないの」


夫君と目を見合わせてびっくり。
"確かに羊水の中にいるとはっきりとは聞こえないよね"、と・・・
子供にありがちな思い込みや作り話じゃなさそうだと思いました。

「でもね、これはパパの声、これはママの声、って、ちゃんとわかったよ!」

いやはや、お腹の赤ちゃんはちゃんと聞いてるんですね~~~。
これを聞いて、たとえ独り言のようでもお腹に向かって話しかけよう、、
という意欲がだいぶ沸いてきました(笑)

最近読んだ本では、これが気になります↓

ママのおなかをえらんできたよ。ママのおなかをえらんできたよ。
池川 明 (2004/11/30)
リヨン社
この商品の詳細を見る

今度姪っ子に会ったら、
お母さんのお腹に入る前のことを覚えているか聞いてくることにしよう!



スポンサーサイト



『働く妊婦』はマタニティウエア以外にも、
本一つ買うんでも本屋さんではなく、ほとんどがネット(AMAZON)注文。
宅配はすべて土曜日の午前中指定で、集中的に受け取ってます。

そんなわけで、最近追加で買ったおすすめのニンプ本をご紹介!
内田春菊のマンガと、横森理香のエッセイ本です。
どちらもかる~く読めて、かつ勉強になりました♪
↓  ↓  ↓
私たちは繁殖しているイエロー 私たちは繁殖しているイエロー
内田 春菊 (2000/12)
角川書店
この商品の詳細を見る


私たちは繁殖しているピンク 私たちは繁殖しているピンク
内田 春菊 (2001/02)
角川書店
この商品の詳細を見る


私たちは繁殖しているブルー 私たちは繁殖しているブルー
内田 春菊 (2001/04)
角川書店
この商品の詳細を見る


私たちは繁殖しているレッド 私たちは繁殖しているレッド
内田 春菊 (2004/06/23)
角川書店
この商品の詳細を見る


横森式おしゃれマタニティ 横森式おしゃれマタニティ
横森 理香 (2003/03)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


横森式おしゃれマタニティ 産後篇 横森式おしゃれマタニティ 産後篇
横森 理香 (2004/05)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


内田春菊のマンガはエキセントリックなものが多いのでどーかな?って思ってたけども、
この作品に関してはわりとほんわかムード。
実体験を元にしているので、医者とのやりとりもリアル。
きちんと調べられてて参考になります!

とはいえ、育児のやり方そのものについては著者本人も
「くれぐれも真似をしないように!」
とあちこちのコマで言っています。
マニュアル育児に疲れときに読むと、気が楽になりそうなマンガかな(笑)

横森理香のエッセイは、
自分で実際に使ってみて本当に役立ったという、
出産時や産後のお助けグッズの紹介がとっても参考になります。

しかし産後の大失禁や脱腸の話は、迫力ありあり・・・^^;

こういう産後のマイナートラブルって、
どの妊婦にも起こりうることなのに、
みんな恥ずかしいからって口を閉ざしてしまったりするからね。

「だからこそ私が書こう!と思った」

という、横森さんの心意気に拍手!


AMAZONの評価では、
横森さんのブランド志向をミーハーだの親のミエだのという意見もありましたが、

「だってそんだけ稼いでる女性なんだから、ええじゃないか♪」

ってワタシは思うんですけどねぇ。。
だってダンナの金で買ってるんじゃなくて、
自分が汗水たらして働いたお金だよ。
何に使おうと彼女の自由じゃないですかぁ。
なおかつダンナより稼いでるんですぜ?彼女は・・・

まぁ色んな考え方はあるものの、内田さんのと横森さんの作品は、

「子供産んだからって、いきなり聖母になんてなれませんてー」

という正直な方にオススメかもしれません。(ワタシもそうじゃ)




助産院探しを始めてから、気がつけば1ヶ月半たち、
黄助産院、アクア・バースハウスの2つに絞られてきました。

来週アクア・バースハウスの検診にいって、
"場"や"人"の雰囲気が、自分とお腹の子と相性がよさげかどうかを判断して、
決めようと思います。

助産院での出産は、"何があっても自己責任"と考えていた方がいいので、
事前の準備がとても重要。
36歳で初産で助産院・・・というリスクを鑑みると、
やっぱり若い妊婦さんよりも不安は大きい。
なので、通勤時間を利用して、ここ1ヶ月でたくさんの本を読みました。

とはいえ、通勤中にまで学術的お勉強本を読む気になれず、
かる~~く読めて笑えて勉強にもなる、マンガやエッセイ風のもの中心です。

 「妊婦があんまり難しいこと考えてると難産になりやすい」
 「妊娠中は、おバカになりなさい」


と、助産師さんも言ってたしね~(笑)

以下、読んだ本のリストです。
助産院、または自宅出産をした方の体験談などが中心です。
どの本もなかなか楽しく読めて、かつ勉強になりました!

へなちょこ妊婦の楽ちんお産 へなちょこ妊婦の楽ちんお産
喜多桐スズメ (2001/10)
メタ・ブレーン
この商品の詳細を見る


妊婦の「ぷ」―なんとかなるって!働く女性の妊娠コミック 妊婦の「ぷ」―なんとかなるって!働く女性の妊娠コミック
河合 蘭、三宅 はつえ 他 (2005/06)
小学館
この商品の詳細を見る


贅沢なお産 贅沢なお産
桜沢 エリカ (2003/08)
新潮社
この商品の詳細を見る


今日もお天気 (第2子誕生編) 今日もお天気 (第2子誕生編)
桜沢 エリカ (2004/11/08)
祥伝社
この商品の詳細を見る


35歳からのおめでたスタンバイ 35歳からのおめでたスタンバイ
大葉 ナナコ (2006/09)
学陽書房
この商品の詳細を見る


えらぶお産 えらぶお産
大葉 ナナコ (2003/09/09)
河出書房新社
この商品の詳細を見る


知って安心 お産の知恵袋―助産婦さんのアドバイス65話 知って安心 お産の知恵袋―助産婦さんのアドバイス65話
神谷 整子 (2003/03)
家の光協会
この商品の詳細を見る


中でも、bakumugiさんオススメの
贅沢なお産」を読んだおかげで、
バースコーディネーターの大葉ナナコさんの存在を知り、
3連休中に大葉さん主催の
マタニティ 前期クラス~パートナーとお産の基礎知識を学ぶ~
に夫婦で参加してきました!
期待以上の内容で、すごく勉強になりましたよー。
bakumugiさんありがとうございます^^

この講座を夫婦で受けた成果については、
次回改めてレビューしたいと思います♪